異なる国籍の児童を受け入れるからインターナショナルスクール

異なる国籍の児童を受け入れるからインターナショナルスクールなのだろうか。
それぞれに異なる歴史、文化、価値観に基づいたカリキュラムの調整を試み、
その学校なりに確立したプログラムで教育するからではないだろうか。

両親共にアメリカ国籍でアメリカで教育を受け、
数年後にはアメリカの帰国するし、ASIJがあることも承知しながら、
あえてASIJではなくて、センメリやセクレットハート、西町を選ぶ親も少なくないね。
将来アメリカに移住するからASIJじゃなきゃってこだわることもないと第三者的には思うけども、
あくまで両親が決めること。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

英会話スクール クチコミのご投稿お待ちしております